自然のまま。ありのまま。ひがしこうち旅

四国の戊辰戦争

志国高知 幕末維新博関連企画

四国の戊辰戦争

北川村

イベント

戊辰戦争とは1868年 - 1869年、王政復古を経て、明治政府を樹立した薩摩藩・長州藩・土佐藩らを中核とした新政府軍と、旧幕府勢力および奥羽越列藩同盟が戦った日本の内戦のこと。

明治新政府が同戦争に勝利し、国内に他の交戦団体が消滅したことにより、これ以降、同政府が日本を統治する政府として国際的に認められることとなった。

名称は慶応4年/明治元年の干支が戊辰であることに由来する。(ウィキペディアより)

 

その後の日本を決定づけたともいえる戊辰戦争。

本企画展は高知県内に現存する資料を中心に、四国での戊辰戦争の諸相を紹介します。

慎太郎館の前に立つ、慎太郎像。
期間 2018年7月18日(水)~8月27日(月)
場所 中岡慎太郎館2階展示室
住所 〒781-6449
高知県安芸郡北川村柏木140
TEL 0887-38-8600
時間 9:00~16:30(最終入館は16:00)
料金 一般  500円
小中学生300円
定休日 火曜日(祝日の場合は翌日)
駐車場 普通車13台
アクセス ◎北川村営バス「慎太郎館前(柏木)」下車すぐ
◎高知自動車道南国ICから車で約90分
URL http://www.nakaokashintarokan.jp/