自然のまま。ありのまま。ひがしこうち旅

企画展「前衛書の世界」

墨色・線・余白の美

企画展「前衛書の世界」

安芸市

イベント

前衛書とは伝統的な書法にとらわれず、創造を強く押し出し、墨色・線・余白などによる純粋な造形性を追求した作品を指します。

第二次大戦後、新しい芸術観に基づいて起こった革命的書道芸術運動によって開拓された分野です。

 

その運動の先駆者である上田桑鳩、宇野雪村の作品をはじめ、安芸市立書道美術館が所蔵する前衛書22点をご紹介いたします。

ひと味違う刺激的な「書」をお楽しみください。

 

また、「第42回常設展」も同時開催しています。安芸市にゆかりのある書家、手島右卿、髙松慕真、南不乗、川谷尚亭、川谷横雲の作品から全国の書家の作品まで、さまざまな書を展示していますのであわせてご覧ください。

 

 

map.png

 

 

周辺施設

安芸市立書道美術館

安芸市立歴史民俗資料館

土居廓中・武家屋敷

野良時計

期間 ~2019年1月20日(日)
場所 安芸市立書道美術館
住所 〒784-0042
高知県安芸市土居953番地イ
TEL 0887-34-1613
時間 9:00~17:00(最終入館16:30)
料金 大人 300円/中高生 100円/小学生 50円
隣接の歴史民俗資料館と共通券あり
定休日 月曜休館(祝日の場合は開館)、年末年始(12/29~1/3)
駐車場 車4台
普通車30台(野良時計東隣の駐車場)
アクセス ◎高知龍馬空港から車で約40分

◎安芸元気バス「野良時計前」下車徒歩5分

◎ごめん・なはり線を「安芸駅」下車してレンタサイクルで15分