自然のまま。ありのまま。ひがしこうち旅

企画展「北川村 あの日、あの時Ⅱ」

懐かしい風景や行事、村人たちの活動を記録した写真も展示

企画展「北川村 あの日、あの時Ⅱ」

北川村

イベント

昭和、平成、そして令和へと時代が変わり、北川村も過疎化が進みました。
しかし、「ふるさと北川村を元気にしたい!」と村人たちは立ち上がります。
中岡慎太郎館、モネの庭という文化・観光施設のオープン、高規格道路開通などのインフラ整備、村の名産品であるゆずをPRするためのゆず祭りの開催など様々な事業が行われました。

平成30年の秋に開催して好評だった写真展の第2弾となる今回は、村の風景や行事だけでなく、北川村活性化にむけた村民たちの活動を写した写真の数々を展示しています。
中岡慎太郎の故郷北川村の生活と風景を写した写真を見ながら、村の「昭和」、「平成」のあゆみをご観覧ください。
今から56年前の昭和39年(1964)9月16日、奈半利町内を走行した聖火ランナーを写した写真7点を特別展示!高知県内を走行した聖火と若人の勇姿もぜひご覧下さい。

------------------------------------------------
◎開催期間
 2020年1月3日(金)~4月20日(月)
 9:00~16:30

(入館は16:00まで)
 ※休館日:火曜日

(祝日の場合はその翌日)

◎会場
 中岡慎太郎館2階

 多目的ホール

◎入館料
 一般:500円 、小中学生:300円
 ※団体料金は20名以上から。各100円引き
 ※身障者手帳1・2級所持者およびその介護者、北川村民は無料

◎主催 / 問い合わせ先
 中岡慎太郎館 (担当:豊田)
 高知県安芸郡北川村柏木140
 TEL / 0887-38-8600

 FAX / 0887-38-8601

◎主な展示資料
 ・昭和39年東京五輪聖火ランナーの写真
  奈半利町内を走行した聖火ランナーの写真を解説パネル付きで展示


 ・昭和40~60年代の北川村の風景、行事の写真
  村内風景写真は昭和時代と令和元年11月現在の風景と併置して展示

 ・「ゆず」と「中岡慎太郎」をキーワードにした村の活性化事業の写真
  ゆず祭り(昭和63年~)、ゆずワインパーティー(平成5年)
  中岡慎太郎を表舞台に出す会(昭和61年~63年)、中岡慎太郎館開館(平成6年~)

 ・北川村のインフラ整備の写真
  高規格道路工事(平成10年~)、村内定住住宅(平成8年~)
------------------------------------------------
中岡慎太郎館ホームページ(外部サイト)
慎太郎館ブログ(外部サイト)

中岡慎太郎館2階にて展示されています。

ぜひ、お越しください!

日時 2020年1月3日(金)~4月20日(月)
9:00~16:30(入館は16:00まで)
※休館日:火曜日(祝日の場合はその翌日)
場所 中岡慎太郎館2階 多目的ホール
住所 高知県安芸郡北川村柏木140
料金 一般:500円 、小中学生:300円
(団体料金は20名以上から。各100円引き)
(身障者手帳1・2級所持者およびその介護者、北川村民は無料)
お問い合わせ 中岡慎太郎館 (担当:豊田)
TEL / 0887-38-8600
FAX / 0887-38-8601
URL http://www.nakaokashintarokan.jp/index.html