自然のまま。ありのまま。ひがしこうち旅

企画展 安田沖異国船あらわる!

安田沖にあらわらた異国船の正体とは!

企画展 安田沖異国船あらわる!

広域

イベント

寛永16年(1639年)から200年近く鎖国政策を取り続けてきた日本ですが、ヨーロッパ諸国では産業革命が進み、アジアへ進出してきます。

日本にもロシアやイギリスの船が度々来航し、トラブルが頻発するなど外国船対策は重要問題となっていき、太平洋に広く面し、海岸線が東西に長い土佐藩にも多くの異国船があらわれるようになりました。

文政12年12月に安田沖に異国船が漂着した際に、土佐藩や安田浦・中山郷の郷士たちが警固に当たった様子や、藩の命令により砲術や軍事操練は励む中で、尊王思想や攘夷思想に目覚め勤王の志士を目指すきかっけとなった当時の背景に関する資料を展示した企画展を開催いたします。

県内をはじめ徳島県などの博物館から借り受けた資料を多数展示しておりますので、ぜひご来館ください。


企画展 安田沖異国船あらわる! につきましては、2020年4月22日(水)から開催する予定となっておりましたが、新型コロナウイルスの影響による施設休館に伴い、2020年5月11日(月)から開催となりました。



------------------------------------------------

◎開催期間  2020年5月11日(月)~8月31日(月)  
 ※新型コロナウイルスの影響により開催期間が変更になりました
      9:00~17:00
      ※休館日 火曜日・祝日の場合はその翌日

◎会場    安田まちなみ交流館・和
      (安芸郡安田町大字安田1674-1)
◎入館料   200円  
      ※高校生以下および障害者手帳提示者は無料
◎主催    安田町、安田町教育委員会

◎お問合せ  安田町まちなみ交流館・和

       TEL / FAX  0887-38-3047

------------------------------------------------

関連イベント ※新型コロナウイルスの影響により、中止となりました。

「文政12年安田沖漂流 謎の異国船は何者だったのか!?」(仮題)
※要予約なので、ご予約をお願いします。

◎日時   2020年4月26日(日)
      13:30~15:00
◎会場   安田まちなみ交流館・和
◎講師   ニコラス・ラッセル氏(歴史研究者)
◎内容   イギリス出身の英語講師で歴史研究者のニコラス・ラッセルさんを講師としてお迎えし、文政12年安田沖を漂流した謎の異国船の正体を明らかにします。



日時 2020年5月11日(月)~2020年8月31日(月)
9:00~17:00
*毎週火曜日は休館日(祝日の場合は翌日)
場所 安田まちなみ交流館・和
住所 高知県安芸郡安田町大字安田1674番地1
料金 200円  ※高校生以下および身障者手帳提示者は無料
お問い合わせ 安田町まちなみ交流館・和 
TEL / FAX  0887-38-3047