自然のまま。ありのまま。ひがしこうち旅

Vol.04

土曜日限定!お豆腐屋さんがつくる、できたてお豆腐料理

のきした豆腐カフェ 3代目 蛭子かよさん

高知県の最東端に位置する町、「東洋町」。
ここには、日頃はお豆腐屋さんとして、土曜日のみお豆腐を使った料理が堪能できるカフェ「のきした豆腐カフェ」があります。
お店を切り盛りするのは、物心がついた時からお手伝いをしていた3代目の蛭子さんです。
名前の通り、のきしたにテーブルとイスが並び、まるで田舎に帰ってきたような懐かしさを感じさせてくれる佇まいのお店です。


【お豆腐づくりの様子をご覧いただけます♪】
お豆腐の切り分け作業
お豆腐の型入れ作業

豆腐作りへのこだわり。
それは創業当時の味を絶やさず、国産大豆ならではの味を引きだすこと。

蛭子さんの豆腐作りへのこだわりは、創業から70年経った今でも変わらぬ味を維持すること。そして、たんぱく質が豊富な国産大豆で作られた豆腐の美味しさをたくさんのお客さんに知ってもらうことです。
今日も蛭子さんたちの豆腐作りは、真っ暗な午前3時から始まります。前の日に仕込んだ大豆がお豆腐になるまで、大豆の粉砕から煮込み、にがりを加える工程などを経て約5時間もかかります。

初代から輸入大豆のみで勝負してきました。現状のままでは限界を感じ始めた蛭子さんにとって、2代目の叔父に反対された国産大豆を使用することは新たな挑戦でした。

「ずっとこのままでは、いかん感じがして。なにかを変えていかんと、衰退してしまうんじゃないかなと思って。それで、おもいきって勝手に仕入れたんですが、すごく高くて、少ししかよう仕入れんかったです。」

「国産の大豆で作ってみて、豆乳の味見をしたときは濃さと甘みにびっくりしました。それから、できたてのお豆腐を食べてみたら、その風味の良さにものすごく感動したんですよ。」

「今、うちが使っているのは黒目大豆で、蒸したら色が茶色く黒みがかってくるんですけど、それはたんぱく質が多い証拠なんです。多い方がうまみがあるので、それを使わしてもらっています。」


お豆腐に情熱を持ってはじめた「のきした豆腐カフェ」

「のきした豆腐カフェ」がオープンしたのは、2014(平成26)年1月でした。
キッカケはできたてのお豆腐料理を多くのお客さんに提供したいという、想いと、以前からお客さんの要望だった「おかずものが欲しい」という声に応えるためでスタッフ3人で始めましたと話してくれます。

「3年間は風でも雨でも土曜日は毎週ずっと休まずにしようと腹をくくって、始めたんです。どしゃぶりで川が氾濫した時もやっていたんですよ。」

走り抜けてきた3年間。
お客さんの多い日、少ない日もありながら考えていたこと。
それは営業期間を決めることでした。

「オープンしてから3年過ぎた時、いろいろ考えながらやってきたことを活かさないかんと思ったんです。冬場はちょっと囲いをして中にストーブを置くんですけど、そればぁじゃ寒くて、お客さんが来ても震えながら食べたり。夏場は、扇風機回したくらいじゃ、とてもじゃないけど暑くて大変みたいやった。それで、4年目から真夏と真冬はお休みさせていただいて、シーズンのいい時にゆっくりと美味しく食べてもらおうと。」

メインメニューは揚げたての厚あげ豆腐、豆腐奴丼、豆乳担々手打ちうどんの3品!

たくさんの口コミやSNSなどによって、その話題は広がり、今ではお豆腐料理を求めて、遠方から多くのお客さんが来てくれるようになったと言う蛭子さん。

「毎週土曜日、2時間だけの営業ですが、来てもらったお客さんに満足して帰ってもらいたいという気持ちで、いつも丹精込めて作っています。」

のきした豆腐カフェの看板メニュー全てを楽しめる「のきしたセット」。
不動の人気を誇る揚げたての厚揚げ豆腐、豆腐奴丼、豆乳担々手打ちうどんとお惣菜、スイーツがセットになっています。
このボリュームで1100円は驚きのお値段!メインの3品は単品でも注文可能で、これもまたお手頃価格です。

お惣菜、スイーツのメニューが毎週、入れ替わるのも魅力的です。
この日のお惣菜はひじき白和え、ポテトサラダ、うの花。スイーツは柚子ゼリー、スイートポテト・ゴマ団子でした。

蛭子さんの想い。

店主になってから5年が経とうとする蛭子さんにお仕事に対する想いを最後に聞いてみると、「自分が美味しいと納得のできる味を提供したいという気持ちは今でも変わっていないです。美味しかったねと、気持ちもお腹も満たされるような仕事をしていきたいですね。」と笑顔で答えてくれました。

蛭子さんたちの気さくな人柄と、その手で作られる真心のこもった味は地元の人だけでなく、町外の人をも引き付けるパワーを感じさせてくれます。
おひとり様や、お連れできたお客さんも相席でみんなと一緒に和気あいあいと囲む食事には、どこか家族だんらんのような温かい空気が流れる、「のきした豆腐カフェ」です。

ぜひ、みなさん、一度訪れてみてはいかがでしょうか。
のきしたで食べるお豆腐の味は忘れられなくなりますよ。

お豆腐料理を食べに行ってみませんか?

のきした豆腐カフェ

お豆腐づくりにこだわる蛭子さんたちの手づくりお豆腐料理が楽しめます!お子様連れやおひとりのお客様でも、ぜひ、お気軽にお越しください。
営業情報、お店までの経路などはこちらからご確認頂けます。

詳しく見る