中岡慎太郎館

  
 
  
 
  
 
  
 

  

  

  

  

北川村が生んだ幕末の偉人を知る

※中岡慎太郎館と同館駐車場前にある館外トイレの改修工事を行うため、
 2021年3月15日(月)~3月31日(水) の間臨時休館とさせていただきます。
 ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほどお願いいたします。


中岡慎太郎は天保9年(1838年)に北川郷柏木に生まれ、藩校・田野学館で武市半平太に剣術を、高知城下江ノ口の間崎滄浪塾で経史を学び、文久元年(1861年)に土佐勤王党に参加します。

その後脱藩し、坂本龍馬とともに薩長同盟の締結に貢献、陸援隊を組織するなど活躍しました。

当館の1階では、人生を同時代の目線で追いかけていただくために、年代ごとに時系列で展開。

幼少時代から近江屋事件までの生涯を、映像とパネルを中心にドラマチックに再現します。

2階は慎太郎や、慎太郎と交流のあった幕末の志士たちの資料を中心に展示します。残された刀剣や書物といったさまざまな資料から、慎太郎が生きた幕末を紹介します。

TEL
0887-38-8600
住所
高知県安芸郡北川村柏木140
アクセス
◎高知自動車道南国ICから車で約90分
◎ごめん・なはり線「奈半利駅」下車 → 奈半利駅より北川村営バス「柏木」下車すぐ
◎北川村営バス「柏木」下車すぐ
料金
一般    500円
小・中学生 300円
営業時間
9:00~16:30(最終入館は16:00)
定休日
火曜日(祝日の場合はその翌日)
年末年始(12月28日~1月2日)
施設サイト
http://www.nakaokashintarokan.jp/

 一覧へ戻る